ソースコードをスリムにする

HTML内に、やたらと長いCSSやJavaScriptなどの情報が書かれていると、それだけでソースコードを占領してしまいます。それによって、ページ全体のキーワード密度が下がり、SEO上不利となってしまいます。そのため、CSSやJavaScriptを利用する際には外部ファイル化をおススメします。外部ファイル化とは、CSSやJavaScriptのソースコードを別のファイルに記述し、HTML側でそのファイルを読み込んで使うという方式です。

こうすることで、本来のHTMLファイルのソースはスリムなまま、CSSやJavaScript等の技術を使うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です