ノースクリプトスパム

ブログパーツや無料アクセス解析サービスに仕込まれていることが多いのが、この<noscript>の不正使用です。無料のサービスの利用案内に、「このソースをコピーして貼ってください」という説明文を見たことがありませんか?実はこのソース内にキーワードや隠しリンクがふくまれていることがあるので、注意してソースを見てください。手口としては、「キーワードの詰め込み」「1ピクセルの画像を読み込ませてリンク」「テキストリンク」等を<noscript>の中に入れるというものです。JavaScriptを使っていて<noscript>の正しい使い方をすればよいのですが、スパムの場合は、無料とはいえ、利用者にリンクが含まれていることを説明していない場合がほとんどです。検索サイトにしてみれば、閲覧者には見えなくて、クローラーには読み込めるということが気に入らないようです。JavaScriptを使っていないのに、<noscript>を使うのは論外でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です