SEOのキーワード選びのひとつの目安は、実際の検索回数

SEOの要ともいえるキーワードを選ぶ際、ひとつの大きな目安となるのが、実際に検索されている回数だと言ってよいでしょう。

 

例えば『○○』という単語の検索回数が少ない場合、それをキーワードとして使う際の人気度も相対的に低くなることから、『○○』をキーワードとしたサイトの記事の検索順位は上がりやすくなります。

ですが検索回数が少ないということは、『○○』という単語をキーワードとして設定し、ブログやホームページの記事などを作成したとしても、「検索回数が少ない=そもそもその単語がほとんど検索されることがない」ということであるため、検索エンジンからの来訪者はほとんど見込めないということになってしまうのです。

 

そのため基本的には、SEOにおいて使うキーワードは検索回数が多いものを選ぶ必要があります。

 

ですが検索回数が多くても強力なライバルサイトが多くては検索順位はあがりにくくなります。

また検索回数が少ない単語であっても、「特定の内容についてのサイトを探す場合は必ず検索する単語」などというような理由があるなら、条件によってはキーワードとして設定するメリットが発生する場合もあります。

状況に応じて対応するのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です