ペナルティに当たる行為

Googleなどのロボット型検索エンジンの生命線は正しい検索結果を利用者に表示させることです。これに反する行為にはペナルテイを与えるのは 当然です。

不正な方法を用いるSEOスパムの種類を大別すると、

①ページ外的要因のアップを目的にするSEOスパム

②ページ内要因のアップを目的にするSEOスパム

の2つがあります。

ページ外要因を上げるためのSEOスパムは、主にページランクを上げる ことを目的としています。より多くのリンクを不正に増加させてターゲツ トとなるホームページのページランクを増加させる方法です。 ページ内要因のSEOスパムでは、ターゲットとなるキーワードを過度に装飾しロボットにだけ読み込ませて上位表示を狙います。この時、ホーム ページのデザインが悪化するのを防ぐために、人がブラウザで見ることが できない方法でキーワードを強調するのが一般的です。
ページ内要因のSEOスパムはさらに 2つの方法が考えられます。 一つは、ロボットと人が見る HTML ソース自体は同一で、ロボットとブラウザの解釈の違いを悪用したものです。技術的には比較的単純でよく目 にする SEOスパムです。 もう一つは、ロボットが読み込むホームページと人がブラウザで見るホームページでそれぞれ別のホームページ (HTML ソース)を見せるという 方法です。技術的には比較的高度であり、それゆえに悪質性も高いと考え られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です