時代を先読みして改変する力 

Web 全体の動きに目を向けると、HTML5 のバージョンから、大見出しで 、 あるhl タグを 1ページ内にいくつでも使用できるようになりました。このよ うに仕様変更となった こと で、SEO的にも大きな影響力をもっh1タグであ  るからこそ、数多く使用しているWebサイトも非常に増えてきました。
ただ、よく考えてほしいのは、W3Cの見解とGoogleの見解は、必ずしも同じとはならないという点です。技術の標準化を進める国際的な非営利団体であるW3Cの仕様発表を受けて、 Google においても、多少なりとも仕様の変更を余儀なくされることは明白なのですが、100% その意図を反映させることは考えにくいでしょう 。
そもそも、h1タグの意味は大見出しです。ということは、 1ページ内部に1箇所であることが通常望ましいはずなのです。逆に、テーマは 1つと決めているにも関わらず、そこには3つも 4つもテーマが書かれていたとするならば、どれを主としていいか迷ってしまうはずなのです。
このような観点から考えても、 Google がそのまま採用することは考えにくいでしょう。
また Googleの発言においても、微妙な発言撤回がこれまで数多くありました 。そもそもあいまいに表現することが多く、それを匂わすことで、施策の方向性を指示したつもりではあったと思います。加えて、概ね間違った方向性を指し示しているということではないのですが、どうしても理想と現実との聞に大きな詑離があったこのではないでしょうか。

これからも 日々のように、数多くの施策が増えていくことも 十分予想できます。
ただ、 本当に日々のように 進化し続けていますので、そのたびに手直しすることは、とても 非効率なのです。
つまり、方向性が指し示されているのならば、そのゴール地点を明確にし、日々の発言に一喜一憂せず、また 、振り回される ことないよう、長期展望で施策を継続する ことが重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です