マーケティングの分類とSEO対策 その3

マーケティング戦略の「分類」を、お客様の「ニーズ」に沿って分析する事で、お客様の「ニーズ」の本必的な背景を垣間見る事ができるようになるなどと、一般的には考えられる事が多いのですが、マーケティングのプロセスにおける「分類」や「区分」には、「ニーズ」の他にも、お客様の「行動パターン」というカテゴリーをみつける事ができます。「行動パターン」によるカテゴライズでは、お客様に基づく「ニーズ」に対しては、根本的に異なりをみせるかもしれませんが、「行動パターン」によるカテゴライズによって「嗜好の偏り」や、「価値観の方向性」を見つけ出す事ができる可能性を秘めています。例えば、【スポーツクラブに通っている人】と【スポーツクラブに通っていない人】の行動パターンを比較してみるとします。マーケティング戦略の中で、【スポーツクラブに通っている人】たちは、自転車を利用した通勤を試みる人が多い傾向にあるとします。そのようなデータから、スポーツクラブの売店コーナーに、水着やトレーニングウェアの他に、「サイクリング用品」のコーナーを設ける事で、新たな販売促進を促せる可能性もみえてきます。また、スポーツクラブの一角に、自転車の整備施設を設けてみる事で、その整備施設を利用する【スポーツクラブに通っていない人】の中から、「自転車に興味のある人」=「スポーツクラブへの勧誘をしやすい人物」として、スポーツクラブの新規会員を新たに引き込める可能性が生み出されるかもしれません。また、スポーツクラブの会員でない人も自由に参加できるような、サイクリングイベントを開催する事も良いかもしれません。そのような形で、人々の行動パターンから人間的な嗜好の偏りをみつける事で、新たな利益を求めるノウハウがマーケティングプロセスの中でみつける事ができます。同じようにSEO対策の中で、人々の行動パターンを読み解く「分類」として、多く語られるのが検索エンジンの「分類」です。インターネットの代表的な検索エンジンとして、Googleを選択する人たちと、MSNを利用する人たちに行動パターンなどを分類する事で、SEO対策を使い分けするというような戦略が練られる事もあります。日常的な事柄として、「赤」を好む人、「青」を好む人などの、それぞれの行動パターンを追ってみる事で、それぞれの「分類」された人々の嗜好の偏りをみつける事が、マーケティング戦略やSEO対策にヒントを投げかけてくれる事もありうるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です