SEOの項目間の順位付け

 SEOの施策には様々な種類がありますが、担当者はどの施策がより効果的かを判断するための知識を具えていなければなりません。それは内部対策にも外部対策にも当て嵌まることで、タグを変えたりアンカーを変えたりするだけでは、クライアントが満足する結果を出せないのが実情です。たとえ一時的にランクアップしたとしても、検索エンジンが検知した瞬間に、順位はみるみる落ちてしまうものなのです。小手先のテクニックが通用しないにもかかわらず、SEO業界は素人であるクライアントを、具体的な施策を挙げて誘い込んでいます。その謳い文句に具体的な数字が含まれているとしても、決して技術者の腕が良いからではありません。特定の施策のみでランクアップさせられるほど、今のSEO業界は甘い世界ではないのです。

 従って、SEOの項目の中でも、よりガイドラインに沿った施策が有効であるということになります。ガイドラインに沿った施策は時間も手間もかかりますが、それしか根本的な解決法はありません。ガイドラインは大別すると、3種類あります。一つには検出に資すること、二つにはクローラーが理解できること、三つにはユーザビリティの向上です。まず一つ目ですが、ガイドラインでは具体的に次のような項目が挙げられています。すなわち、サーバ設定、XML・TXTの整備、グーグルサーチコンソール、画像・altテキスト等です。これらを改善するだけで、サイトは大幅に検出されやすくなります。次に「クローラーが理解できること」ですが、これはマークアップの最適化を意味しています。例えばキーワードの適切な配置、タグのマークアップ、階層の簡素化、HTML外部ファイルのレンダリング、URL等が挙げられます。最後に「ユーザビリティ」ですが、ユーザーの使い勝手を意識したSEOがこれに当たります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です