アクセス解析を見ると、キーワードの有効性が分かるためどこをどう変えていけばいいかなどの改善点をかんがえることができます。例えば、「ブログで集客する書籍を読んで1日2000 アクセス数になった」という記事が、アクセス解析の結果、「ブログ+書籍+になった」というキーワードで検索されているとわかれば、「キーワードを変えて みる Jなどの改善策を立てることができるのではないでしょうか。というのも、「ブログ+書籍+になった」というキーワードで検索している人は、おそらく「書籍になったブログ」を探しているので、記事に興味を持たないと推測できるためです。このように、アクセス解析の結果を見ていると、自分の記事とあわないキーワードで検索されているかどうかわかるので、改善の手がかりになります。また、検索エンジンにどのように評価されているのかを知る手掛かりになります。そのようなメリットがあるアクセス解析ですが、アクセス解析をブログのトップページに設置すると、 トップページのアクセスしか測定できませんし、個別記事に設置すると、個別記事のアクセスしか測定できません。 トップページのアクセスだけわかれば十分だと思われるかもしれませんが、実はトップページへのアクセスよりも、個別記事へのアクセスが重要だったりします 。よって、個別記事にもアク セス解析を設置 した方がいいでしょう。

 

SEOの要ともいえるキーワードを選ぶ際、ひとつの大きな目安となるのが、実際に検索されている回数だと言ってよいでしょう。

 

例えば『○○』という単語の検索回数が少ない場合、それをキーワードとして使う際の人気度も相対的に低くなることから、『○○』をキーワードとしたサイトの記事の検索順位は上がりやすくなります。

ですが検索回数が少ないということは、『○○』という単語をキーワードとして設定し、ブログやホームページの記事などを作成したとしても、「検索回数が少ない=そもそもその単語がほとんど検索されることがない」ということであるため、検索エンジンからの来訪者はほとんど見込めないということになってしまうのです。

 

そのため基本的には、SEOにおいて使うキーワードは検索回数が多いものを選ぶ必要があります。

 

ですが検索回数が多くても強力なライバルサイトが多くては検索順位はあがりにくくなります。

また検索回数が少ない単語であっても、「特定の内容についてのサイトを探す場合は必ず検索する単語」などというような理由があるなら、条件によってはキーワードとして設定するメリットが発生する場合もあります。

状況に応じて対応するのがよいでしょう。

被リンクを集めるにはさまざまな方法がありますが、必ずといっていいほど行わ なくてはならないことは、ただ1つです。 それは魅力的なサイトを作成することです。
魅力的というのは、役立つとかおも しろいなど、人に薦めたくなるサイトのこと
です。
こういったサイトを作ることによって、さまざまなサイトから紹介されます。これが多数の被リン クの獲得につながるというわけです。 ともすればSEOというと、いかに楽に効果的な被 リンクを集めるかということにばかり注力してしまいがちですが、魅力的なサイトを作るという王道を忘れてはいけません。 これはサイト作成時から常に念頭lこ置いて運営していく必要があります。
素晴らしい内的要素が素晴らしい外的要素を生み、上位表示を実現するといった好循環を常に目指していきましょう。 検索エンジンは、サイト内の文字量は分かっても質まではなかなか分かりません。質は被リンクで判断しているので、被リンクこそが SEO の最重要ポイントとなっています。

ブログパーツや無料アクセス解析サービスに仕込まれていることが多いのが、この<noscript>の不正使用です。無料のサービスの利用案内に、「このソースをコピーして貼ってください」という説明文を見たことがありませんか?実はこのソース内にキーワードや隠しリンクがふくまれていることがあるので、注意してソースを見てください。手口としては、「キーワードの詰め込み」「1ピクセルの画像を読み込ませてリンク」「テキストリンク」等を<noscript>の中に入れるというものです。JavaScriptを使っていて<noscript>の正しい使い方をすればよいのですが、スパムの場合は、無料とはいえ、利用者にリンクが含まれていることを説明していない場合がほとんどです。検索サイトにしてみれば、閲覧者には見えなくて、クローラーには読み込めるということが気に入らないようです。JavaScriptを使っていないのに、<noscript>を使うのは論外でしょう。

SEO を 行 う 際 、 避 け て 通 れ な い の が 被 リ ン ク で す 。 被 リ ンクとは、 ほかのサイ トから自分のサイトに張られる一方的なリンクのことを指 し、バックリンクとも呼ばれています。純粋な被リンクを得るため に は、 リンクを張りたくなるようなコンテンツを用意する ことが必要不可欠です。

被リンクは、 自分のサイトを支持している人がいることの証明 にな ります。まず、自分のサイ トへの訪問者が、サイト内の情報やコンテ ンツを楽しんだり、参考にします。その後、訪問者自身のサイトの閲覧者に対して、「とちらのサイトにはこんな情報がありますよ、みなさんも行ってみてくださいと伝えます。その際、おすすめの文章と 共に、自分のサイトへのリンクが張られるととになります。これが、 被リンクの仕組みです。

自然発生的な、他者によるおすすめが被リンクの基本なので、自分 で増やそうとしても、すぐになんとかできるものではありません。だ んだんと、いつのまにか増えていくのが基本です。

記事の中にリンクを作るとき、 HTMLでは以下のように記述します。
<ahref=” クリックしたときに開くページのURL”>※< /a >
この中で、※の部分に入れる文字列のことをアンカーテキス卜と呼びます。 アンカーテキストにはURL や文字列が指定できます。ブラウザで表示すると、アンカーテキス卜に指定した部分は下線付きで表示されます。

検索エンジンは、アンカーテキストに記述された文字列を見て、移動先の ページをどのようなキーワードで上位表示するかを判断します。たとえば アンカーテキス卜に「SEO」という文字列を指定すると、移動先のペー ジは、「SEO」というキーワードで上位表示しやすくなるというわけです。 さまざまな判断要素のうちのひとつではありますが、 SEOでは、アンカー テキストがたいへん重要な要素になることを覚えておきましょう。

Baiduに広告を出稿するには、2通りの方法があります。

  • 中国のBaidu経由で直接広告を出稿する
  • Baiduの日本法人を通して広告出稿をする

自社ですべてを運営する場合は、中国のBaiduで直接アカウントを作成します。この場合、Baidu広告を熟知した中国人のスタッフが必要になり、さらに広告料金の入金を毎回海外送金(原則、前金です)しなくてはならないので、手聞がかかります。中国の代理庖を利用することもできますが、Baidu自体が代理庖の変更を推奨していません。そのため、はじめに代理店を選定する際には、とくに慎重になる必要があります。

一方、日本法人を通して広告を出稿するなら、日本にあるBaiduの正規代理庖の活用がおすすめです。完全に日本語での対応ができますし、海外送金の必要もありません。

HTML内に、やたらと長いCSSやJavaScriptなどの情報が書かれていると、それだけでソースコードを占領してしまいます。それによって、ページ全体のキーワード密度が下がり、SEO上不利となってしまいます。そのため、CSSやJavaScriptを利用する際には外部ファイル化をおススメします。外部ファイル化とは、CSSやJavaScriptのソースコードを別のファイルに記述し、HTML側でそのファイルを読み込んで使うという方式です。

こうすることで、本来のHTMLファイルのソースはスリムなまま、CSSやJavaScript等の技術を使うことができます。

サテライトサイトが完成したら、記事を用意してアップロードしてみまし ょう。このとき忘れてはならないのが「リンクの用意」です。つまり、検索結果の順位をアップさせたいホームページに向けて、発リンクします。この ためだけに、サテライトサイトを作成しているといっても過言ではありません。

サテライトサイトは複雑な作業をする必要はありません。タイトルタグと記事タイトルにリンク先のホームページと関連性のあるキーワードを入れ、そのキーワードに沿った内容で記事を書きます。 ページの総数は5ページ以上、 1ページあたりの総単語数は400 以上。これでトップページから発リンクします。

サテライトサイトに書く記事の内容は、リンク先のホームページと関連す る内容である ことが必須条件です。ポイントは、ページのタイトルと 記事のタイトルに、リンク先と同じキーワー ドを使うことです。そして、そ のキ ーワー ドの内容に沿った記事を書くことで「共起語」が増え、必然的に リンク先と関連性のある記事を書くことができます。

SEO 対策とはどのようなものであるのか、確認しておきたい。一般的には、「検索エンジンで特定のキーワードを検索した 際に、検索結果ページで Web サイト
が上位に表示されるための対策」であるという認識が強いだろう 。 しかし、 現在のSEO とはこれだけにとどまるものではない SEOとは 検索 エンジン最適化である。検索エンジンに最適化させることで、検索エンジン経由での集客を最大化するのは
もちろんのことだが、商品・サービス の購入や問い合わせなど、 Web サイトの 目標を意味するコンバージョンを達成し、成果を最大化することが最終的な目的のはずである。検索結果ページで Web サイトを上位に表示させることは、あくまで 目的に至るでのプロセスでしかない。